メモっておけば忘れない リターンズ

gdgdヲチblog( ´ー`)y-~~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拉致被害者家族の会の横田さんがアメリカに行って訴えるという……でもこういうことじゃ逆効果かも(↓)

拉致被害者家族の会の横田さんがアメリカに行って訴えるという……でもこういうことじゃ逆効果かも(↓) - Letter from Yochomachi
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C1570102516/E20070311193030/index.html

NHKによれば横田さんはアメリカに行って被害者家族の気持ちを訴えるという。でも今日の Japan Times :

横田さんが、昨年韓国に行った際、同じく可哀想な立場にある韓国従軍慰安婦との面会を拒否したという。

彼らは、あまりにウヨに牛耳られて政治的すぎると思う。韓国の元従軍慰安婦に会わなかったのは政治的に利用されたくないという理由だっただろうが、彼らの方がまさしく政治的に利用されるだけの存在になっている。

こういう態度は、ニッポン・ナショナリスト(ウヨ)には通用しても、世界の普通の常識人には通用しない。ニッポンのウヨはますます世界的に孤立を深める。これが彼らの凶暴な爆発を招かないことを祈るばかり。アルカイダだけでもう十分なのである。


あのね、おじいちゃん。ウリナラなんかに政治利用されてもメリットないだけですよ?( ´ー`)y-~~

3/9 Today 今日は「ありがとう」の日

3/9 Today 今日は「ありがとう」の日 - Letter from Yochomachi
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C111252006/E20070309111837/index.html

そう、感謝の気持ちを忘れてはダメです。

もっとも「ありがとう」という場合は、相手から公平な価格でサービス提供を受けた場合に限る。新宿の暴力バーでバカダカイ代金をぶったくられて「ありがとう」という客はいない。

でも、ニッポンではこういう連中に限って「消費者はもっと謙虚になれ!ガタガタ文句を言うやつには出荷せんぞ!」とかいって、脅しをかけてくる。困ります。


おじいちゃんが昔いたショーシャの事?( ゚∀゚)y-~~

なぞなぞ(植物系);サクラの開花予想日はどうやって決めるのでしょうか?

なぞなぞ(植物系);サクラの開花予想日はどうやって決めるのでしょうか? - Letter from Yochomachi
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C2000001874/E20070307232212/index.html

今晩のテレビで仕入れたトレビア。サクラの新芽を観察して決めるのではないという。

気象庁がこの日時を決定するのだが、植物学的なサクラの観察は一切排除して数字だけで決めるという。考慮するのは「気温の変化」これだけ。

気象庁にはある数式があって、気温の変化を日毎に「積分」し、その日までの気温の累積値を計算すれば、サクラの開花日が分かるという(冬の期間の「休眠期間」も考慮する)。これは知らなかった。担当者は、大手町の気象庁の建物から一切外に出ないで、各地の「サクラ開花日」を予想しているというのだ。

客観的な予測とは、所詮そういうもんだと思う。俗説に受ける「現場精神に富んだ市井の声を聞いた上での判断」というのは、たいていは間違う。日本経済をバブルに導いたのは、こういった「市井の判断」だった。


細かい突っ込みはともかくw
ショーシャのブチョーさんってバブルの恩恵受けまくったクチじゃね?( ・∀・)y-~~

NHKクローズアップ現代:ホームレスの生活保護問題

NHKクローズアップ現代:ホームレスの生活保護問題 - Letter from Yochomachi
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C1310380191/E20070307205453/index.html

都市住民は、農村住民とは違って、自分の利益代弁をする政治団体を持たない。だから事業に失敗するとホームレスになるしかない。普通のホームレスでは住所がないので生活保護費も貰えない。こういう人たちが大都市には無数にいる。彼らをテント生活から、ワンルームとはいえ、きちんとした住宅に住まわせようとするNPOの活動は、少々儲けたからといって、立派なものであるように思う。それを「詐欺師団体」扱いをするNHKは、少しずれているのではないか。

彼らホームレスを「詐欺師」というのなら、年間数兆円の国費をむしり取って(さらにGDPベースでは数十兆円の国民負担を強いている)農村利権団体は、それこそ真性の「詐欺師」ではないのか。


×「ホームレスが詐欺師」→○「ホームレスを利用した詐欺師」
せっかくテレビいっぱい見てるんだから理解力つけようね…無理か( ´ー`)y-~~

日本株は、いま買いなのか?

日本株は、いま買いなのか? - Letter from Yochomachi
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C909010522/E20070307202628/index.html

政府が、こうしたみんなのお金を当てにして自分じゃ働かない「ダメ扶養家族」に対して自分の食い扶持は自分で稼げとする「ほっぽり出し」政策を打ち出さないかぎり、日本株を買うのは差し控えた方がいいと思う。いくら企業が稼いでも、そのお金はザルにあけるようなものなのだから。


自己批判乙( ´ー`)y-~~

BBCの世界の国、好き嫌いの世論調査:散人はインド人になれるな!

BBCの世界の国、好き嫌いの世論調査:散人はインド人になれるな! - Letter from Yochomachi
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C939037033/E20070306182750/index.html

まあ対象がパキスタンが入っておればちょっと違ったかも知れないが、それでもインド人に「国別好き嫌い」がないのは驚くべきこと。「ナショナリズム」の陋習から一番脱却している国がインドなのだ。


…「ナショナリズム」はNGだけど「宗教対立」や「民族紛争」はOKですか( ´ー`)y-~~

NHK「クロ現」:病院で広がる多剤耐性緑膿菌の恐怖

NHK「クロ現」:病院で広がる多剤耐性緑膿菌の恐怖 - Letter from Yochomachi
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C882254707/E20070306210708/index.html

日本でも戦前は普通の人たちは個室に入院したと思う。戦後、相部屋が当たり前になった。土地の値段がべらぼうに高騰し、病院建設の際、スペースを切り詰める必要が出てきたためだ。

全国に遊休農地は腐るほどある。でもそれは転売利益を得ようとする農村地主のエゴのために病院の建設などには有効活用されない。先進国ニッポンでは、いまだに病人はみんな相部屋に押し込まれる。これは、国際基準に照らし合わせてもアフリカ並みであるし、恥ずかしいことであるし、さらに院内感染の原因になっているのではないか。


…(;´Д`)y-~~

つまり、ニッポンの農村地権者のエゴにより「多剤耐性緑膿菌」を巻き散らさざるをえない事態になったとも言える。平成の病院には、せめて戦前のサナトリウム程度のスペースが確保されてしかるべきではないか。それが実現できないのは、農民地権者の農地転売期待利益が高すぎるため地価が不当に高くなってしまったためだろう。これは病院建設の桎梏となっているばかりではなく、全国のマイホームを持ちたいとするささやかなサラリーマン全員が、このおかげで犠牲になっているのである。

病気を防ぐためにも、日本国土の有効利用を図るためにも、農村改革が必要だ。


…orz
おじいちゃん…あなたは戦争経済と言う物がわかってない。
つか、ホントにショーシャのブチョーさんだったのか?おじいちゃん。

NHK新日曜美術館:広重、昭和の復刻

NHK新日曜美術館:広重、昭和の復刻 - Letter from Yochomachi
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C748026559/E20070304205255/index.html

よくわからなかった:

原画(刷られたもの)が完全な形で残されているのに、なんで版木を復刻しなければならないのだろうか?

要するに、職人芸を守るための「文化事業」と言うことだろうが、彫り師も芸術家なら、もっと新しいことに挑戦して欲しいな。リトグラフとかの版画は数が限定されているから値打ちが出る。浮世絵も一定数刷ると版木がすり減ってしまうので自ずと数が限定されるから値打ちが出るんじゃないのか。書物の復刻とはちょっと違う気がする。偽札造りと同じとまでは言わないが、ようわからん。またすり減った江戸時代の版木の方が歴史を感じさせて「文化財」としての意味を持っているようにも見えるのに、それに彫刻刀を入れてしまうのも、ようわからん。


おじいちゃん、わからない物は素直に「わからない」で終わらせた方いいよ。
「数が限定されるから値打ちが出るんじゃないのか」なんてこと言っちゃうんだから( ´ー`)y-~~

NHKクロ現「敬語の乱れ」:確かにおっしゃる通りなんだけれど……

NHKクロ現「敬語の乱れ」:確かにおっしゃる通りなんだけれど…… - Letter from Yochomachi
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C1310380191/E20070301204426/index.html

NHKが「外資系」に固執することは、NHKが国内農村利権集団の利益代弁者であることを考えれば理解できないこともないが、散人個人としては、外食産業に従事しているアルバイト店員の接客態度には、正直、感激している。とても素晴らしいと思う。敬語の使い方が少々おかしくっても、彼らのサービスは素晴らしい。

ゲストの井上ひさしも、基本的に同じ考え方だったと思う。ポリティカリーコレクトのNHK番組にサービスしていろいろ言っていたから、かえって彼が言いたいことが伝わらなかったと思う。散人流に井上ひさしのメッセージを通訳すると「そんなことは、どおでもえ~」ということ。言葉というのは、時代時代で変化するものなのであり、平安時代の基準を現代人に強要することはおかしい。むしろ重要なのは、人の「こころ」だ。

日本の外食産業の従業員で素晴らしいことは、その「こころ」である。日本のサービス産業においては、少なくとも「サービス精神」だけは健全である。言葉なんかはどうでもいいと思う。「1000円からお預かりします」で一向に構わない。フランスなんかのおかしな先進国に行くと、サービス産業の従業員は、顧客に対して丁寧ですらない。果たしてサービス業に従事しているという自覚があるのかということに基本的な疑問を感じることがある。彼らは自分が客と同じ立場にあるということを、必要以上に固執し、カッコワルイ。またニッポン農村利権集団の「俺たちこそが正しい」的な、自分たちの非効率性を棚上げする消費者へのエラソーな態度に比べれば、コンビニ店員の接客態度は、はるかに上質だ。


おじいちゃん、見事なまでに騙されてるよ(;´ー`)y-~~

高裁:日本人父親の生後認知を国籍要件と認めず

高裁:日本人父親の生後認知を国籍要件と認めず - Letter from Yochomachi
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C1570102516/E20070227203421/index.html

少子化対策として、昨今のニッポン男性の外国逃避と奔放な性生活は有効な切り札だと思っていたんだけどな~。/p>

一貫性が認められない。要は子供は父親のものかはわからないという判決だ。先日、離婚後の子供の戸籍について、「最新の科学の進歩を勘案して」日本政府は父親と子供のDNA鑑定などを認めたばかりだろう。外国人女性についてだけ「最新の科学の進歩」を考慮しないのは、おかしい。


おじいちゃん…認知問題と少子化対策と国籍制度の区別もつかなくなっちゃった…(´;ω;`)

「クロ現」人手不足:ニッポンはロボットに過大な期待を持ちすぎではないだろうか?

「クロ現」人手不足:ニッポンはロボットに過大な期待を持ちすぎではないだろうか? - Letter from Yochomachi
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C1310380191/E20070227210336/index.html

日本人はロボットが好きだ。ロボットが万能の解決策だと思いこんでいる。今晩の番組でも、苦労に苦労を重ね、ゴム製のキャップを正しく器具に取り付けるロボットの開発をしたメーカーが紹介された。クロ現はたいへんな「技術進歩」だと言うが、笑ってしまった。そんな作業は人間だったら、誰でも出来る。インド人でも中国人でも、アフリカ人でも、はたまた不器用な中高年ニッポン人にでも、誰にでも出来る簡単な作業だ。なんでハイテクロボットにそれをさせる? 趣味で仕事をしているように見える。仕事は趣味ではない。


やぁ、おじいちゃんお久しぶり。
わざわざカテゴリまで独立させたんだから頑張ってねw

おじいちゃん、ロボットの開発ってロボットのためだけじゃないんだけどねぇ。
つか、ロボットの事知らない人ってロボットの万能性を信じ込むよね( ´ー`)y-~~
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。