メモっておけば忘れない リターンズ

gdgdヲチblog( ´ー`)y-~~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散人がワカサギを食べない理由

散人がワカサギを食べない理由 - Letter from Yochomachi

http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C873682283/E20070329200223/index.html
理由:

1. ワカサギはリリースできない。釣ったら食わないとイケナイ。何百匹も釣れるとたいへんだ。毎食食わねばならない。
2. ワカサギは小さい魚だ。だから料理するための下ごしらえはしない。生きたまま丸ごと熱い油に入れて揚げるのが基本。
3. いわば石川五右衛門風の料理だが、別にワカサギが可哀想だと思っているわけではない。生き物であると感じさせない大きさだから、どうってことはない。
4. でも、丸ごと料理する関係上、小泉先生の言う「内臓のほろ苦み」も当然味わうことになる。
5. 別に内臓が嫌いだと言っているわけではない。もつ煮込みとか牛の腎臓とか、骨髄とか脳みそは大好きなのである(BSEクソクラエ)。
6. もっと単純な理由。ワカサギは餌で釣る。餌とはアカムシかシロサシ。ワカサギの大好物で胃袋の中にはその餌が一杯詰まっている。それをそのまま食うのが気になるのだ。
7. つまり、アカムシとは蚊の幼虫。シロサシとは、なんと蛆虫のこと。確かにほろ苦いかも知れないが、考えただけで「たまらない」のであります。ワカサギはうまいかも知れないが、蛆虫はうまくないと思う。で、釣れたワカサギはたいてい捨ててしまうことになる。
これは自分がヘタレだと宣言してるんですか?
つか、見えてる物しか考えられないんだねぇ( ´ー`)y-~~
スポンサーサイト

コメント

|ω・)= そもそも釣りを止めてくれませんかね?

  • 2007/03/30(金) 21:16:54 |
  • URL |
  • 野良 #swx3alUs
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wk1.blog95.fc2.com/tb.php/206-73cbc2a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。