メモっておけば忘れない リターンズ

gdgdヲチblog( ´ー`)y-~~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本へ向かう韓国農産物…ナス・梨など輸入市場シェア100%

日本へ向かう韓国農産物…ナス・梨など輸入市場シェア100% - 中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=85688&servcode=300§code=300

この組合が輸出を考えたのは00年に梨の価格が暴落したからだ。「苦労して裁培した梨が安値で取引された。何か対策がなければならないと考え、輸出の道を探った」。この組合のキム・チャンス営農指導士(40)の言葉だ。この時から梨以外の他の作物はやめ、施設も改善した後、米国業者と輸出契約を結んだ。 昨年からは米国のウォルマートにも納品している。キム・チャンスさんは「当初は主に米国同胞が買い求めていたが、最近は現地の人々にも人気だ」と語った。

キュウリやナスなど野菜類の輸出も増えている。 昨年、韓国産キュウリ・ナス・ピーマンは日本の輸入市場を完全席巻した。日本輸入市場シェア100%を記録したのだ。 日本輸入市場で1位を占めた農産品はこれ以外にもユリ・バラ・パプリカ・スイカ・梨と5種類もある。日本農産品と肩を並べる秘訣は品質と価格競争力だ。 日本市場に進出した韓国産農産品は品質はほぼ同じで価格が20%ほど安い。このため国内花き類輸出は昨年8077トンと、10年前に比べて21倍に増えた。


日帝と米帝による収奪ですね( ゚∀゚)y-~~
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wk1.blog95.fc2.com/tb.php/160-2865f4ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。