メモっておけば忘れない リターンズ

gdgdヲチblog( ´ー`)y-~~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秀吉軍退けた宣祖は無能な君主ではなかった」

「秀吉軍退けた宣祖は無能な君主ではなかった」 - 朝鮮日報
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2007/03/11/20070311000000.html

 今まで誰がこの王の「リーダーシップ」に関心を持ったことがあっただろうか。壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の7年にわたる戦役に巻き込まれた悲運の王・朝鮮第14代王宣祖(在位1552-1608年)は、これまで危機管理能力に深刻な問題があった君主であり、臣下らを抑えつける権力欲の化身のように認識されてきた。

 ところが、『太宗』『世祖』『成宗』の朝鮮君主列伝シリーズを相次いで著した著者は、4番目の君主として宣祖に注目した。『朝鮮王朝実録』の原文を基礎資料とし、改めて歴史評価のまな板に乗せられた宣祖は、意外にも「朝鮮最悪の危機を乗り切った卓越した君主」だった。


日々、こうやってウリナラファンタジーが生み出されている訳ですね( ´ー`)y-~~
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wk1.blog95.fc2.com/tb.php/104-003d4e6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。