メモっておけば忘れない リターンズ

gdgdヲチblog( ´ー`)y-~~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相次ぐ「伊藤」「いとう」投票 長崎市長選

相次ぐ「伊藤」「いとう」投票 長崎市長選 - OhmyNews
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070425/10461
 しかし、3日足らずの選挙戦では、政策も公約も議論されることはなく、不正経理の再発防止や地域経済の活性化の課題も、また平和への取り組みにも触れられることはなかったといわれる。政策も公約も、ましてやマニフェストもなかった。選挙は形式的な手続きに従っただけといっていい。
  
 また、長崎市長射殺のニュースに、潘基文(パン・ギムン)・国連事務総長は、「平和な世界の唱道者で、核兵器の廃絶を求める平和市長会議のキャンペーンのリーダーでもあった」とたたえ「深くお悔やみを」との声明を発した。ヒロシマとならんで人類初の核爆弾によって廃墟(はいきょ)から立ち上がったナガサキの市長が、非常事態とはいえ、「長崎の町は長崎もんでつくろう」「世襲反対」だけで選ばれて、4年の任期を任されていいのだろうか。
  
 この選挙では、有権者は政策をみて投票する選択肢を持たなかった、といっていい。この選挙は凶弾によって民主主義を根幹で支える選挙制度が機能マヒに陥ったまま行われた選挙である。長崎平和宣言を世界にむけて発したナガサキの顔を選ぶ選挙は本当にこれでいいのか。長崎市民は選んだばかりの新市長だがリコールして、選挙をやり直してはどうか。

そんなに娘婿に市長になってほしかったか?( ´ー`)y-~~
スポンサーサイト

日本中が戦争へと向かっている……

日本中が戦争へと向かっている…… - OhmyNews
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000006551
 「俺は、君のためにこそ死ににいく」(新城卓監督、5月12日東映系公開)という映画が公開される。政策・葬式、じゃなかった、製作・総指揮は石原慎太郎氏。音楽はB'z。メインキャストは窪塚洋介、筒井道隆、岸恵子。内容は「特攻」を美しく描いた映画だ。

 先日は「硫黄島」という映画もあった。どちらも、戦争の時代の日本を、残酷だが美しく描く映画だ。いずれも大手広告代理店がプロモーションをしている。まさかこの時代に戦中にあった「特攻映画」の焼き直しを見るとは思わなかった。いや、高度成長の時代にも「宇宙戦艦ヤマト」があった。その内容もたしかに「特攻映画」だったけれども。

 3月公開の「蒼き狼・地果て海尽きるまで」は、筆舌に尽くしがたいあらゆる殺戮を尽くし、欧州からアジア全土までを恐怖の支配下に置いたチンギス・ハーン一族の物語。戦争の過酷さと「死ぬことの美しさ」を見せる映画になっている。

 安倍内閣は「美しい日本とはなにか」を企画する、という。ここには憲法9条の改正について書かれている。

 そして、先日記事にした「電子マネー」。国民が毎日使うお金は1円単位まで“中央”が把握できるようになる。簡単なプログラムを組めば、怪しい薬品や武器になりそうなものを買った人間の行動を把握することも可能だ。また、デノミなどの国レベルでのお金の大きな動きを中央でより把握しやすくできる。情報としてデータベースに登録された「マネー」は、スイッチひとつでいつでも増減が可能になる。

 少数の「持つ者」と多数の「持たざる者」に分かれれば、少数の人間を動かすだけで、国レベルで大きなお金が動くようになる。

 手前味噌で恐縮だが、2001年の8月末。私はある書籍編集者と飲んでいた。

編: 「三田さん、なにか新しい書籍、書けないですかね?」
三: 「そうだなぁ、なんとなく、戦争の匂いがしませんか?」
編: 「え?戦争ですか?」
三: 「ほら、周りの状況を見て、そういうにおいがする。だから、戦争の世の中をどうサバイバルしていくか、なんて本はどうかな?」
編: 「まさか、そんな……」

 そして、その2週間後、米国で「9.11」が起こった。正直、自分でも驚いた。

写真はロイター
写真はロイター

 「豊かさと自由の国」米国は、そのときから「Homeland Security」(自国安全保障)のためには、なりふり構わぬ国になった。その流れは日本にも来た。日本で実際のテロが行われた、という話は聞かないが。

 バーテンをしている若い男の子の前で、この話をした。彼は迷いなく言った。「そういう世の中になったら、ぼくは特攻隊に行きますね」。若い人間に明日の希望があれば、普通はこんなことは言わない、と思う。

 「オイル・ピーク」という「石油枯渇の時代」を迎え、先進諸国はエネルギーの獲得にしのぎを削っている。これが原因での戦争は、おそらく第3次世界大戦をも起こすだろう、と、一部では言われている。

 あらゆるこの国を取り巻く指標や、政策、そして、エンターテインメントも、「戦争」を指しているように、私には見える。戦争の時代が始まる――そういうように私には読める。

 私は戦争を経験したわけではないが、戦争を経験した人たちは、同じことを必ず言う。

 「戦争は、それがどんな動機で行われたとしても美しいものではない」

 「戦争はいけない、と誰もがみんな言う。しかし、戦争をしないと生きていけませんよ、という言葉で、みんな戦争に足を踏み入れる」

 戦争の足音が大きく聞こえてきた、と、私は思う。なにが始まるのか?なにが終わるのか?参加し、見ておこう。

 ※マルス=古代ローマの「軍神」。赤い惑星「火星」の英語名でもある。

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|  電波が強すぎます。. |
|__________|

             /
           //ビビビビビィィィ!!!
    どかーん!  _
       从";从 /||__|∧,
      (( ; ;"、; :(O´Д`)
     ((;";从.")と ))  ))つ
     `;Y ;"、 Y ノ ノ ノ
          (_ノ、_ノ

一貫性のない安倍晋三

一貫性のない安倍晋三 - OhmyNews
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000006311
占領下で何が起きるか
安倍晋三首相は、靖国問題などで隠し通してきた祖父から引き継いだ、遺伝子を慰安婦に関わる発言で露にしたようである。

この一文だけで自らの価値を貶めてるね(#´ー`)y-~~>記事&筆者

あ、魚拓はキッチリ取っておいたからね。

旧日本兵に聞いた「従軍慰安婦」問題

旧日本兵に聞いた「従軍慰安婦」問題 - OhmyNews
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000006301
 「従軍慰安婦問題が盛んに議論されているけど、おじちゃん(私は彼をそう呼びます)の見た慰安婦について教えて」と電話で尋ねると、「慰安婦という呼び方はしてなかったよ」と返答しながら、以下の話をしてくれた。恩師によると、満州の牡丹江では、民間業者によって日本軍向けに、公認で「売春」が行われていたという。

この「証言」により従軍慰安婦の存在は否定されました。
なんか文句ある?( ´ー`)y-~~>特アの皆様

においも電車のマナー違反? 

においも電車のマナー違反? - OhmyNews
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000006275

 普段、通勤などで電車に乗っていて、いつも思うことがあります。

 車中アナウンスでは「携帯電話の電源を切る」よう呼びかけていますね。確かに、車内で電話で話されるのは迷惑ですし、心臓ペースメーカーに影響を与えても大変ですから、注意が必要です。それから『痴漢は犯罪です』の呼びかけもあります。お年寄りや体の弱い方、妊娠中の方用に「優先席」もあります。これらもよい事だと思います。

 ただ、私が一番つらいと感じている問題に対しては、対策も、注意の呼びかけも何もありません。

 問題とは、“におい”です。主に中年以降の男性から発せられる、体臭と口臭です。

 せめて、車中アナウンスで「各自自分の体臭・口臭をご確認頂くようお願い致します」とか、「臭くてももうしばらくの辛抱です。頑張りましょう」とか、そのくらいは言ってくれてもいいのに。


あーこの記者、これ書いた香具師か。
まぁ、チラシの裏もたいがいにしろと…。

【ひとコマまんが】日興コーディアルグループのTOB騒動で使われたと思われるダジャレは…?

“無給”公約は政治浄化につながるか

“無給”公約は政治浄化につながるか - OhmyNews
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000005834

 それであれば、政治家以外に本業を持った人、生計はほかで立てることができる人で、かつ政治に興味のある人に、ボランティアで地方議員をやってもらうこともひとつの方法である。条例を改正し、議員報酬が欲しい者には支給し、「報酬なし」を希望する者には支給しなくて良いようにすれば、「無給」も公約になる。黒川さんの「無給」公約は「日本の政治構造を変える」きっかけになると思うが……。


…アフォですか?

最近、アイロンかけをしていますか - OhmyNews
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000005789

最近、アイロンかけをしていますか。若いころはせっせとアイロンをかけていましたが、最近はもう、そんな面倒なことはしていません。アイロンをかけなくてもいい洋服を選んでいます。でも、必要に迫られ、アイロンをかけることになったので、古いアイロンを出してきました。

 今からおよそ38年前に、900円くらいで買ったものです。温度設定のダイヤルしかありません。化1、化2、化3、絹、毛、綿、麻、高とあり、高が高温です。重さは1キロ、そんなに重くはありません。

 今は、もっといいアイロンがあるのでしょうね。でも、使えるものを次々に買い換えて、気がつけば人間をも使い捨てにする社会になってしまっていないでしょうか。

 アイロンをかけているのは、綿素材のトトロの着ぐるみです。生協でパジャマとして買ったものですが、さすがに最近は上下が分かれているパジャマのほうが便利なので、トトロは別の目的のために着ています。それは、「デモ」です。

 「デモ」なんてするのはどういう人たちなのだろうと、若いころは思っていました。よく恥ずかしくないなあと、人ごとのように思っていました。今は違います。「デモ」は楽しいですよ。

 戦争をやめて、基地でなく、森や畑を返してほしいと思っています。日本は世界に誇れる、すばらしいものを持っていますね。それは憲法9条です。戦争を放棄した憲法9条は世界の宝、世界の理想です。


…アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。